患者様からの声

熊本駅前矯正歯科クリニックに頂いた患者様からの声です。

2017-05-12

10代  男性  保護者様

写真

矯正治療のきっかけは?

通院している歯医者からの指摘

当クリニックを決めた理由は?

その歯医者からの紹介

実際に治療してみて、当クリニックの雰囲気はいかがですか?

とてもいい

矯正治療をして良かったことは?

出歯がなおってきている

矯正治療を悩んでいる方へのメッセージ、矯正治療の感想などお願いします。

普通の歯医者とちがって、 とても雰囲気がよく、歯医者 ぎらいな子も大丈夫だと思います。

治療前

デコボコの歯並び、歯が出ていることを気にされてご来院
取り外しの、自宅で使用していただく装置にてⅠ期治療中

治療後

デコボコは改善し、歯が出ていることもだいぶ改善されましたね♪
雰囲気がよいとのお言葉、ありがとうございます(^_^) 歯並びも元から比べると自然とキレイになっていますね(^_^)

主訴

前歯の突出・歯のでこぼこ

診断名

上顎前突・叢生

年齢

11歳

使用した装置名

一期治療 (パラタルバー・機能的矯正装置)

抜歯/非抜歯および部位

非抜歯

治療期間

約2年

費用の目安

約360,000円

リスク副作用

こちらのページの下部に記載しております。

前へ
一覧へ戻る
次へ

※当院でマルチブラケット装置を使用して歯並びを整える場合の治療費について

成人矯正にかかる期間については、通常1年~2年半程度必要となります。
1年~2年半程度の治療期間で必要となる総治療費は以下の通りです。

● 上下表からの矯正装置を用いて1年で動的治療が完了する場合、69万円程度
● 上下表からの矯正装置を用いて2年で動的治療が完了する場合、75万円程度
● 上の歯は裏側・下の歯は表側の矯正装置を用いて1年で動的治療が完了する場合、88万円程度
● 上の歯は裏側・下の歯は表側の矯正装置を用いて2年で動的治療が完了する場合、94万円程度
● 上下裏からの矯正装置を用いて1年で動的治療が完了する場合、100万円程度
● 上下裏からの矯正装置を用いて2年で動的治療が完了する場合、106万円程度

※治療のリスクや副作用について

● 個人差のリスク

歯が動きやすい方、動きにくい方など矯正治療についても個人差があります。主治医によくお話を聞いて納得されてから治療を開始しましょう。

● 虫歯・歯肉炎

矯正装置を歯に装着することで歯磨きに時間がかかります。歯磨きをおろそかにすると虫歯になるのは当然です。ご来院時のPMTCや普段の歯磨きがとても重要になります。

● 歯根吸収

矯正治療による歯の移動により歯の根っこが短くなる歯根吸収のリスクがあります。しかし、適正な矯正力による生じる小さな歯根吸収は無細胞セメントにより修復されます。過度な矯正力や歯根を大きく動かす移動は歯根吸収が起こりやすいといわれます。

● 後戻り

歯がきれいに並んで装置を外した後、そのまま放置した場合、元の歯並びに戻ることがあります。これを後戻りといいます。後戻りを防止するために保定装置というものが必要となります。

● 治療中の痛み

マルチブラケット矯正装置などを装着した日や、ワイヤーを交換した日は痛みをかんじることがありますが、通常、数日で収まります。また、冷たいものを飲んだときにしみる「知覚過敏」があらわれる場合がありますが、数日で改善されます。長期間痛みが続く場合は、矯正医に相談しましょう。

● 金属アレルギー

金属アレルギーの不安がある方は、あらかじめ相談しておいて方がよいでしょう。皮膚科などで行われているパッチテストが必要になることがあります。万が一、お口のなかに矯正装置を装着したあとに、皮膚や口腔粘膜にアレルギー症状が起きた場合は、すぐに矯正医と相談しましょう。

● 歯肉退縮

間違った歯磨き方法で歯茎が傷ついたり、歯周病などが原因で起こります。矯正治療でも歯を動かすことで、歯肉が下がる場合があります。特に切歯(せっし:上下前歯各4本)、歯の凸凹が大きい患者様の治療に起こる場合があります。非抜歯矯正などの無理な治療計画において歯肉退縮が起こりやすいです。

ページの先頭へ