お知らせ

熊本駅前矯正歯科クリニックのお知らせページです。

歯のおはなし
2018.12.28

慌てない慌てない。

熊本県熊本市の歯列矯正専門医院、熊本駅前矯正歯科クリニック院長の上村です。


皆さま、こんにちは!
年末に入り、今日が大掃除!という方も多いのではないでしょうか?


さて、今回は久しぶりに歯のお話をしたいと思います。

この一枚の写真を見て皆様、どう思われますでしょうか?

まぁ、少し歯並びが凸凹だなーという感じでしょうかね。

ここで、どう行動するかが重要です。

たまに、

この歯並びと同じくらいの凸凹の状態で、

当院に矯正相談に来られる患者様がおられます。

『かかりつけの歯科医院で、早く矯正しないと大変なことになります。』

と言われて、気になって来院しました。と。

果たして、そうでしょうか?

この凸凹は放っておくともっと凸凹になるのでしょうか?

では、放置(というか、経過観察)した場合、

この歯並びがどうなったか、これから御覧にいれます。

ちなみに、この患者さんは、私の大事な大事な娘であります。

全ての患者様に対して、大切な家族を診るつもりでいつも心がけております。

目の前の患者さんが、私の娘だったら? 私の母親だったら? 私の奥様だったら?

そのような気持ちで治療に臨んでいます。

今回は、

本当に娘です。

ではここで、

もっと凸凹になるから一刻も早く装置を入れよう!となるか?

答えは、、、、

『何もしない!(経過観察)』です。

上の写真は、2017年2月28日に撮影しました。

それから5か月後の2017年7月4日に撮影された写真が、

この写真です。じゃん!


どうでしょう? 綺麗にならんでいますね。

この間、矯正装置とか、な~~~んにも入れてません。

この程度の凸凹であれば、歯を支えている骨も

ある程度自然に成長して大きくなっていくため、

スペースが出来て歯は動いていくんです。

もう一度言います。

スペースがあれば、歯は放っておいても動いていきます。
(さらに追記するなら、正しい口腔機能が保たれていれば)

次の写真です。


これは同じ子の2018年2月3日に撮影された資料です。

2番目の歯がまたしても内側から生えてきました。

ここで気を付けて見ていただきたいのは、

内側に生えてきた歯の前方部に、歯が並べられそうなスペースがあるかどうかです。

スペースがあるのであれば、しばらく経過観察で構いません。

決して、『早くしないともっと凸凹になって大変なことになりますよ』

といった脅し文句に騙されないようにお気をつけください。


早く始めないと大変な事になるといわれて(脅されて)、
(ほとんどの歯科医がそうでないとは思いますが、、、)

焦って治療する必要は全くございません。


勿論、程度の問題があります。

この凸凹は自然には治らないので、積極的に治療を行いましょう、という場合も多いです。

凸凹の問題だけでなく、骨格のバランス等も検討しないといけないこともあります。

その程度を見極めるのは、患者様ご自身でもなくご両親でもなく、

我々のような矯正歯科医です。

では最後に、2018年2月から10か月間放置(経過観察)したときの状態をご覧にいれます。

じゃん!(下の写真です。)

これは『矯正装置で動かしただろう』という声が聞こえてきます。

いいえ。な~~~~んにもしてません。(何もしていないというか、経過を観察していました)

魔法でもなんでもないです。

そこに歯が生えるスペースがあれば、

10か月も経てば、歯は勝手に動いてきます。

自然のパワーは凄いですね♪


ついでに申し上げると、上の真ん中の歯と歯の空隙も、

『勝手に』閉じました♪


歯と、歯を支える骨のバランスが取れていれば、

慌てて始める必要は全くないんですよ♪


ちなみに言いますと、7~8歳ぐらいで何等か問題があっても、

治療が遅すぎるなんてことは絶対にありません。

5~6歳ぐらいの時期に、

『早くしないと大変なことになりますよ』のお言葉には、十分お気をつけください。


今年も1年間、まことにありがとうございました。

皆さまが来年も健康で幸せでありますように♪

来年もどうぞ熊本駅前矯正歯科クリニックを宜しくお願いいたします。




機能と審美 咬みあわせと歯並びのことなら熊本駅新幹線口徒歩1分
熊本の矯正専門医院 熊本駅前矯正歯科クリニックのトップページへ

前へ
一覧へ戻る
ページの先頭へ