治療費について

治療開始から終了までの料金のご案内です。

矯正治療料金についてCharge


●安心の料金上限設定(可能な限り低料金で治療できるよう料金に上限を設けています)

●安心の10年保証(矯正治療後10年間、装置代無償で保証致します)

当院では成人の矯正料金に上限を設けています。
一般的に矯正料金の支払い方法は、最初に一括で支払うトータルフィーとよばれるものと、調整毎に支払っていく方法の2通りあります。 トータルフィーは最初に料金が決まっているため明確で安心ですが、治療が1年で終わっても3年で終わっても支払う料金は同じです。これでは治療が早く終わった場合は割高になってしまいます。
基本料金と毎月の調節料では初期費用が抑えられますが、治療が長引くといつまで料金を支払い続けるのか心配になってしまいます。
患者様の咬み合わせや歯並びのタイプはさまざまで、治療に時間のかかる場合や短期間で完了する場合など、いろいろなパターンが考えられます。


当院ではできるだけ多くの患者様に矯正治療を受けていただいて素敵な笑顔になっていただくため、治療が早く終われるような患者様には少しでも価格を抑えて治療できるように、初期費用が抑えられる基本料+調節料の形式にさせていただいています。 しかし、これだけでは万が一治療が長引くと料金が上がる不安があります。そのため当院では、全ての成人患者様に安心して治療に来ていただけるように、料金の上限を設定しています。基本的に定期的に来られた場合に限りますが、歯を動かし始めて3年を超えた場合は、それ以上調節料をいただきませんのでご安心ください。


また、矯正治療後の後戻りに対しては10年間の保証を致します。矯正治療後の歯列の後戻りに関して、いろいろとご不安も多いかと思います。そのような不安を払拭していただくため、一般的には2年間のところ、当院では矯正治療後10年間という長期にわたって保証致します。(二期治療およびMB治療に限ります。)


こどもの矯正治療においても、ほとんどが1~2年で問題のある箇所を改善し経過観察に移るため、成長が終了するまで毎月1回通い続けるということはほぼないので、ご安心ください。問題が解決したら、3~6か月に1度の来院となります。

矯正治療料金表Charge list*税抜価格となっております。

  • 小中学生のお子様
  • 成人の方
  • 料金比較
  • デンタルローン

小・中学生のお子様

カウンセリング1,000円

不安になられていることやお悩みを最初に聞かせていただき、
まずその不安を解消していただきます。
必要に応じてレントゲンを撮影してご説明致します。

ご予約はこちらから

カウンセリング
検査15,000円

お口の状態を外と中から検査し、“何が必要なのか”を詳細に検討し、患者さまと相談してご納得のうえで治療に入ります。

ご予約はこちらから

検査
診断・治療方針のご説明35,000円

矯正治療では、この診断と治療方針によって期間や治療結果に大きな差が出るので、この過程はとても重要です。 日本矯正歯科学会認定医である当院長が責任を持って治療致します。

診断・治療方針のご説明
一期治療280,000円

成長を利用して、上下のアゴのバランスを整えます。
おもに小・中学生までの治療です。

●観察料 または 調節料2,000円

歯や骨のバランスの異常、むし歯がないか観察します。
取り外し式装置の調整やアゴの前後的なバランスをコントロールします。

一期治療

成人・中学・高校生の方

カウンセリング1,000円

不安になられていることやお悩みを最初に聞かせていただき、まずその不安を解消していただきます。必要に応じてレントゲンを撮影してご説明致します。

ご予約はこちらから

カウンセリング
検査・診断15,000円

お口の状態を外と中から検査し、“何が必要なのか”を詳細に検討し、患者さまと相談してご納得のうえで治療に入ります。

ご予約はこちらから

検査
診断・治療方針のご説明35,000円

矯正治療では、この診断と治療方針によって期間や治療結果に大きな差が出るので、この過程はとても重要です。 日本矯正歯科学会認定医である当院長が責任を持って治療致します。

診断・治療方針のご説明
MB治療(治療方法を下記の4つから選んで頂きます。)
表側からの装置560,000円

歯の表側に矯正器具を装着しては歯を動かしていきます。
当院では透明か歯の色に近い審美ブラケットを標準で使用します。
(一期治療から継続の場合は280,000円を差引き、280,000円になります。)

●調節料5,200円

ワイヤーの交換や歯磨き、むし歯のチェックをします。

表側からの装置
ハーフリンガル740,000円

矯正器具を上は裏側から、下は表に装着する方法です。
下は下唇で隠れるためほとんど目立ちません。
(一期治療から継続の場合は280,000円を差引き、460,000円になります。)

●調節料5,600円

ワイヤーの交換や歯磨き、むし歯のチェックをします。

ハーフリンガル
フルリンガル860,000円

矯正器具を裏側から装着する方法で矯正器具が目立ちません。
(一期治療から継続の場合は280,000円を差引き、580,000円になります。)

●調節料6,000円

ワイヤーの交換や歯磨き、むし歯のチェックをします。

『見えない』裏側矯正WIN・インコグニト紹介ページへ
フルリンガル
インビザライン780,000円

痛みが少なく、透明のマウスピース型なので目立ちません。
また取り外しも可能なため歯磨きも簡単です。
(一期治療から継続の場合は270,000円を差引き、510,000円になります。)

●調節料2,000円

プレートの交換や使い方のチェック、歯の動きを確認します。

インビザラインについて詳しく知りたい方へ
インビザライン
保定装置20,000円

歯を動かしたあとの後戻りを予防するため、保定装置を使用します。

●観察料2,000円

歯や骨のバランスの異常、むし歯や後戻りがないか確認します。

その他

部分矯正15万円

1歯か2歯の少ない歯を動かします。

歯科矯正用アンカースクリュー 無料
(矯正基本料に含みます)

保証(安心の10年保証)

とても安心の10年保証です。メンテナンスに定期的(1年に1~2回)に通い、保定装置を適切に使用されたにも関わらず、歯の後戻りが起こった場合、矯正治療後10年以内まで装置代無償で保証致します。

  (二期治療または成人矯正後から適用されます)
  (月に1回の調節料のみ必要となります)
  (ほとんどの医院が2年間の保証です)

トータルフィー VS 矯正基本料+調節料上限なし VS 矯正基本料+調節料上限あり(当院の料金システム)の比較について

トータルフィーと当院のシステム・矯正基本料+調節料上限なしと当院のシステムについて簡単に説明します。
(成人矯正の例になります)

トータルフィーは矯正にかかる全ての費用を最初に決定してお支払いただくシステムです。
◆歯の表側からの矯正装置を使用した場合で、一般的に80~100万円位です。 
◆歯の裏側からの矯正装置を使用した場合で、一般的に110~140万円位です。

1年で完了した場合の総額
矯正期間 1年 トータルフィーでのシステム 熊本駅前矯正歯科
◆歯の表側からの矯正装置 80万~100万円 69万3400円
◆歯の裏側からの矯正装置 110万~140万円 101万3000円

※トータルフィーは当院のシステムではございません。
※表示は税抜となります。

2年で完了した場合の総額
矯正期間 2年 トータルフィーでのシステム 熊本駅前矯正歯科
◆歯の表側からの矯正装置 80万~100万円 75万5400円
◆歯の裏側からの矯正装置 110万~140万円 108万5000円

※トータルフィーは当院のシステムではございません。
※表示は税抜となります。

矯正治療が4年かかった場合・万が一矯正治療が3年の上限を超えて4年かかってしまった場合

※当院の料金システムでは3年の上限を設けていますので、料金的には安心です

矯正期間 4年 トータルフィーでのシステム 矯正基本料+調節料(上限なし) 熊本駅前矯正歯科
◆歯の表側からの矯正装置 80万~100万円 86万600円 81万8200円
◆歯の裏側からの矯正装置 110万~140万円 120万9000円 115万7000円

※トータルフィーは当院のシステムではございません。
※表示は税抜となります。

いかがでしょうか?
矯正治療の期間は通常1年~2年半であるため、
こちらの比較により、どのような状況でも当院のシステムが最も費用を抑えられることが理解できると思います。
当院では、治療開始前にこれらの費用をしっかりとご説明して、ご納得いただいてから治療を受けて頂いております。

クレジット

当院では、現金でのお支払いの他に分割払い、クレジットカードでお支払いいただけます。

クレジット

デンタルローン(最大60回まで分割可能で、18回まで当院で金利を負担致します。)

当院ではデンタルローンを取り入れております。
デンタルローンとは、患者さまに代わって信販会社が歯科治療費を立て替え、患者さまから信販会社に分割でお支払い頂く方法です。通常のクレジットカードによる分割よりも金利が低く、デンタルローンを使うと医療費控除のメリットが大きくなります。信販会社が立替払した金額は、その年の医療費控除の対象になります。したがって、一括で治療費を支払った時と同じ医療費控除の金額になるので節税効果が大きくなります。デンタルローンをご利用いただくことで、患者さまは月々わずかな負担で理想的な治療をお受けていただくことが可能です。

*院内分割払い(最大18回まで金利や手数料は必要ありません)、各種クレジットカードも承っております。 詳しくはご相談の際にお尋ねください。

*お支払いいただく料金には上限を設定しております。万が一治療期間が予定より長くなっても料金がいたずらに多くなりことはありません。
 詳しくはご相談の際にお尋ねください。

医療費控除のご案内Deduct

自分自身と、自分が生計を共にする家族の医療費が一定の基準(10万円)を満たす場合、確定申告を行えば控除を受けられます。矯正治療にも適応されますので、忘れずに申告しましょう。

医療控除が対象になる例

  • 公共交通機関を利用した交通費
  • 歯周組織再生治療
  • 矯正治療
  • インプラント治療
  • 自費診療の詰めもの・被せもの など

医療費控除額

医療費控除額は最高を200万円とし、以下の計算式で算出します。

医療費控除額計算式

*所得が200万円未満の時は、10万円ではなく所得の5%とする。

医療控除が対象になる例

毎年2月16日~3月15日の確定申告時に、所轄の税務署にて申告します。その際、以下のものをご用意ください。

  • 給与所得者は、源泉徴収票
  • 1月1日から12月31日までにかかった医療費の領収書
  • 交通費の記録(詳細をメモしておく)
  • 印鑑

患者様の控除が具体的にどの程度になるのか詳細は相談時にご説明致します。

ページの先頭へ