子供の矯正治療

お子様の成長力を利用して効果的な治療を行えます。

子供の矯正治療についてChildren

矯正治療の受診率は年々高まっています。それだけ歯並びや咬み合わせについて、 皆様の関心が高まってきている、ということだと思います。しかし、一生の中で何度も 矯正治療を行うわけではないので、皆さん、矯正治療についてわからないことだらけです。 お子様の歯並びに対する心配や疑問について、皆様が少しでも解決できたら嬉しいです。

お子様が矯正歯科を受診される“きっかけ”は様々です。『自分で治療したい』と思ったから、 『学校で指摘された』から、『自分では気にしてないけど、親御さんが気になる』から。

これからどんな治療が始まるのだろう?そんな不安を持つお子様も多いと思います。 もちろんご家族の方にとっても同じです。

お話をさせていただく中で大事なことは、患者様は矯正歯科医院を初めて訪れ、 何も知らない状態だということを常に理解して最初から丁寧に説明すること、 そしてそれを“ご家族で一緒”に聞いていただくことです。 お子様がご納得いかないまま治療を始めてもうまくいきません。 お子様の気持ちを何も考えないで説明してしまうと、何故矯正が必要なのか理解できずモチベーションが上がらないので、治療もスムーズに進まないのです。

お子様・親御さん一緒にお話しをして、治療の目的を理解してくれれば、お子様はより治療に前向きになっていただけます。この前向きな気持ちが何よりも大事です。

子供の矯正治療の開始時期あるいは相談する一つの目安は、上下の前歯が生え変わる7〜8歳ごろです。 あくまで目安であり、すべてがすぐに治療を始めないといけない、ということはございません。 歯並びやかみ合わせ、あるいは骨格のタイプによって最適なタイミングは様々です。 まずはご相談下さい。

当院では、まずカウンセリングでお子様や親御さんの悩みや疑問に、時間をかけてお答えします。 そののち、ご納得いただけましたら検査や治療を開始していきますので、安心してご来院ください。

子供の矯正治療は、お子様の持つ成長力を利用することで、より理想的な治療を行うことができるので、 子供の時期からの矯正治療がお勧めです。

子供の時期から矯正治療を行うメリットMerit

子供の矯正治療の目的は、キレイな歯並びを作る土台づくりです。
この時期の治療を適切に行うことにより、次のようなメリットが生まれてきます。

01

正常な発育を妨げるような歯並びや癖を改善し、成長を利用して顎(あご)やお顔のバランスを整えます。成長が終了した成人では、顎の幅や前後的なバランスは基本的に変化させることはできません。外科的な処置が必要となってきます。 出っ歯や反対咬合(受け口)など骨格的な問題が大きく、将来的に手術を必要とする可能性があるような場合、成長のある子供の時期からアプローチしていくことで、手術を回避できる可能性が高まります。このような顎(あご)の成長のコントロールは、成長期の子供でしかできない矯正治療です。

02

永久歯列でのワイヤーによる治療の難易度が下がります。早い時期に狭いアゴを拡げたり、奥歯を後方へ動かす処置を行うことで、抜歯をせずに治療できる可能性が高まります。また、永久歯列期のワイヤーによる治療が必要なくなる場合もあります。

03

悪習癖に対する早期のトレーニングができます。舌の突き出しや、指吸いなど、よくない習癖によって引き起こされる不正咬合は少なくありません。これらは歯並びだけでなく発音や滑舌にも影響してきます。これらの習癖を早めに改善し、舌や口腔周囲筋の正しい使い方の習得を目指します。

04

大人の治療期間が短くすむ。顎のズレや、歯のガタガタを早期に治療しておくと、大人の矯正治療に移行した際、またはいったん治療を中断して大人になって治療するときに治療期間が短くなります。

05

虫歯予防ができる。当院では、定期的に患者さん個人に合わせたブラッシング指導を行い、歯みがきの習慣化のお手伝いをさせてもらっています。もちろん、フッ素塗布やブラッシング指導にかかる追加料金はありません。また、歯のガタガタが治ることで、歯磨きもしやすくなります。虫歯予防は矯正治療の目標の一つでもあります。

06

歯の動きが早く、治療期間が大人の治療に比べて短縮できます。

このように、子供の矯正には様々なメリットがあります。
お子様の歯並びや噛み合わせ骨格などで、少しでも気になることがありましたら、お早めにご相談ください。

子供の矯正を始めるタイミングTiming

一般的には7歳~8歳、上下の前歯が4本ずつ生え変わる頃が矯正治療の開始時期です。 しかし、歯や顎(あご)、心の成長はお子様それぞれ違います。 早い時期に矯正を始めたほうが良いお子さんもいれば、 しばらく様子を見てから始めたほうが良いお子さんもいらっしゃいます。 いずれにしましても、経過を比較することができるので、気になることがございましたら、 早めに受診して検査されることをお勧め致します。

子供の矯正治療の流れFlow

成長過程途中のお子さんの場合、年代や歯の生え方の状態によって矯正治療を始める適正な時期が異なります。 機能的に問題がある場合にはすぐに治療に入りますが、今すぐに始めなくて良い場合には様子を観ることもあります。 当院では、第一期(身体の成長が続いている間)と第二期(成長がほぼ終了する頃)に分けて治療を行っていますので、まずはご相談ください。 第一期から第二期にかけて継続して治療を受けられる場合、検査料は第一期のみとなります。

第一期 小学生の矯正治療

この時期は歯の土台となる顎の骨を正しく成長させていく治療が主となります。状況に応じて、前歯のみの部分矯正も可能です。 歯の土台を整える過程で将来的に抜歯をする可能性を減らすことが可能です。小さなお子様の場合、大人に比べて治療法も矯正装置もそれぞれのパターンに応じて異なりますので、詳しくはカウンセリングの際にお聞きください。

第二期 中高生の矯正治療

永久歯列が完成している中学生~高校生の場合、大人の矯正と同じ治療(ブラケットとワイヤーによる本格矯正)が可能になります。成人の患者様と比較して歯が動くスピードが速いため、治療期間が短くなる傾向があります。さらに第一期治療で準備をしていたお子さんの場合は、第二期治療がとても有利に進められます。 歯の裏側から治療する裏側矯正(舌側矯正)や、取り外しのできるマウスピース矯正などの治療法にも対応致しますので、目立たない矯正を希望される場合には、お気軽にご相談ください。

ご予約はこちらから

ページの先頭へ