院長紹介

熊本駅前矯正歯科クリニックの院長紹介です。

ごあいさつGreeting

皆様、初めまして。このたび熊本駅新幹線口前にて『熊本駅前矯正歯科クリニック』を開設させて頂くことになりました上村裕希と申します。生まれ故郷の熊本で、地域の皆様に矯正治療を通じて社会貢献したいと考え、この場所での開業となりました。
当院の基本理念は『対話』です。矯正治療について解からないことも多く、相談しづらいと思われる方も多いと思います。鹿児島大学で10年以上にわたり培ってきた知識と経験、技術を活かして、不安を抱えている方が少しでも安心して通院いただけるよう、全力で治療にあたります。
当院は矯正歯科治療の専門医院です。治療をしたほうがよいのか、いつから始めたらよいのか、どんな装置をつけるのか、期間はどの位か、歯並びのこと、咬み合わせ、どんなことでも構いません、何でもお気軽にご相談ください。
素敵な笑顔は一生の財産です。あなたやあなたのお子様が素敵な笑顔を獲得するお手伝いを全力でしたいと思います。

院長 上村 裕希

最終学歴:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野。鹿児島大学医学部・歯学部附属病院で臨床研修修了。同大学大学院歯科矯正学分野において博士(歯学)課程修了、日本矯正歯科学会認定医、臨床研修指導歯科医を取得後、助教、副医局長・副外来長を務め、現在に至る。

所属学会日本矯正歯科学会、九州矯正歯科学会
日本顎変形症学会、日本口蓋裂学会
日本舌側矯正歯科学会
日本成人矯正歯科学会

院長略歴 1976年 熊本県出身
熊本県立玉名高等学校 卒業
松本歯科大学 卒業
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 歯科矯正学分野 入学
鹿児島大学医学部・歯学部付属病院 臨床研修 修了
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 歯科矯正学分野 修了(学位取得)
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 歯科矯正学分野 副医局長
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 歯科矯正学分野 副外来長
熊本駅前矯正歯科クリニック 開設

認定資格 歯学博士
日本矯正歯科学会認定医
歯科医師臨床研修指導医
WIN認定ドクター
インビザライン認定プラチナドクター

指定医院 育成医療・更生医療 指定自立支援医療医院
顎口腔機能診断医院

主な業績 論文
●上顎左側第一大臼歯欠損を伴うAngleⅡ級2類不正咬合の一治験例. 矯正矯正歯科学会雑誌.2014; 10(1): 1-8
●水平埋伏した下顎左側犬歯が顎骨内で右側前歯部から右側小臼歯部へ動いた症例. 九州矯正歯科学会歯誌 2012; 8(1): 17-24.
●フレアーアウトを呈した歯周炎患者の動的治療開始前にインプラント埋入を計画した症例.日本口腔インプラント学会雑誌 2011; 24(4): 596-602.
●下顎切歯根尖部に水平埋伏した犬歯の開窓・牽引を行った一治験例.九州矯正歯科学会雑誌 2010; 6(1): 71-80.
●Pain intensity during the first 7 days following the application of light and heavy continuous forces, European journal of orthodontics, 2009; 31: 314-319.
●口唇の突出を伴った上顎前突の一治験例.九州矯正歯科学会雑誌, 2007; 3: 29-36

発表
●上顎左側第一大臼歯欠損を伴うAngleⅡ級2類不正咬合の空隙閉鎖後4年6か月経過した症例.第11回九州矯正歯科学会大会 症例展示
●ラット食道粘膜への酸刺激における咬筋筋活動と侵害受容器の発現亢進について.第9回九州矯正歯科学会大会 学術展示
●臼歯関係片側Ⅱ級の骨格性上顎前突症例に対して非抜歯で治療を行った一例 第8回九州矯正歯科学会学術大会 症例展示
●臼歯の圧下と下顎枝矢状分割術により金属アレルギーを有する顔面非対称を改善した症例.第71回日本矯正歯科学会大会 学術展示
●チタンスクリューを用い上顎臼歯の遠心移動を行った上顎前突症例 第6回九州矯正歯科学会 症例展示
●下顎歯列後方部の萌出スペースと顎顔面形態の関連性について 第6回九州矯正歯科学会学術大会 学術展示
●歯列後方部の萌出スペースを考慮した治療計画の立案 5大学セミナー 口演発表
●食道内の酸・ペプシンがラットのブラキシズム様運動に及ぼす影響. 第69回日本矯正歯科学会学術大会 学術展示
●下顎切歯根尖部に水平埋伏した犬歯の開・牽引を行った一例.第5回九州矯正歯科学会学術大会 症例展示
●エッジワイズ装置撤去後にマウスピース型矯正装置を用いて空隙閉鎖を行った2症例.第5回九州矯正歯科学会学術大会 症例展示
●食道刺激モデルラットの開発.第5回九州矯正歯科学会学術大会 学術展示
●睡眠時脳波の指数スペクトルの傾きと睡眠段階との関連性.第68回日本矯正歯科学会学術大会 学術展示
●外科的側方拡大とエッジワイズ治療により重度の上顎狭窄歯列を改善した成人マルファン症候群の1治験例.第67回日本矯正歯科学会学術大会 症例展示
●矯正力の大きさと付加後1週間の経時的な痛みの強さとの関連.第2回九州矯正歯科学会学術大会 口演発表

スタッフ

熊本駅前矯正歯科クリニックのスタッフは、患者さまとのコミュニケーションを大切にし、常に患者さまの立場になって考えるよう努めております。 皆様の御来院をお待ちしております。

治療理念Concept

熊本駅前矯正歯科クリニックのシンボルマークは、“対話”をコンセプトにしております。 歯科医師・スタッフと患者さまが、お互いに向き合いながら十分に話をすることでお互いにとって最良となる矯正治療を提案できることを基本理念としており、スタッフ、患者さま共に“最高の笑顔”になることが私達の願いです。

01

明確な治療費

矯正歯科治療で不安を感じることの1つとして、治療費が挙げられると思います。当院では患者さんが安心して治療を受けられるように治療費を明確化しています。上限を設定しているため、万が一治療期間が長くなったとしても追加料金がかかることはありません。

02

丁寧なカウンセリング

当院のモットーは『対話』です。患者さんと歯科医師が向かい合い、充分に『対話』することで最良な矯正歯科治療を提案することを基本理念としております。治療を始める前や治療中において、少しでも不安や疑問に感じることがありましたら、どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。

03

装置の見た目や治療に伴う痛みが気になる方への配慮

矯正装置が目立つことや痛みに不安を感じて、治療を迷われている患者さんも多くいらっしゃいます。当院では透明(サファイヤ製)もしくは摩擦が少なく痛みの少ないと言われる歯の色(セラミック製)に近い審美ブラケットを標準にしています。
また外側から見えない歯の裏側に装着する装置、透明なマウスピース型の装置など、さまざまな種類の装置も積極的に取り入れています。

04

通いやすい環境

矯正歯科治療は数か月から数年を要する治療です。少しでも楽しく通っていただくために、通院しやすいということは非常に重要な要件となります。当院は熊本駅前徒歩1分の通いやすい立地にあり、無料駐車場も完備しています。
ぜひお気軽にご来院ください。

ページの先頭へ